精神科クリニック用クラウド型の電子カルテ
Warokuクリニックカルテ

お気軽にお問い合わせください。
092-461-8331

電話受付時間:9:00〜18:00(土・日・祝日除く)

Warokuクリニックカルテ導入実績

中野 育子 院長

医療社団法人 花水木 札幌こころの診療所
中野 育子 院長

職歴
東京女子医科大学附属病院 小児科 研修医
その後、8年間小児科医として、札幌市内の病院(幌南病院、斗南病院、国立がんセンター札幌病院)にて勤務。
その後、児童精神科医・精神科医として、北海道大学医学部附属病院 精神神経科 研修医、市立札幌病院静療院 児童部 副医長、札幌市精神保健福祉センター 相談指導担当課長、札幌トロイカ病院(非常勤)、興正こども家庭支援センター(非常勤)、札幌市総合若者支援センター(非常勤)
資格
精神保健指定医、日本児童青年精神医学会認定医、日本医師会認定産業医、日本精神神経学会 専門医
中野 育子 院長
Warokuクリニックカルテを選んだ理由は?

開業の当初から(一般科向けの)電子カルテを使用していたが、情報共有という点で他者が入力したカルテをわざわざ覗きにいかなければ確認ができなかったので新しく導入をしなければならないということになっていました。

いくつか電子カルテを検討していく中で、心理士・PSW、他にリハビリテーション科として作業療法士・言語聴覚士・看護師といろんな職種がいるので、Warokuクリニックカルテを利用することで自然な形でリアルタイムで情報の共有ができる点がやはり大きなメリットだろうなと思いまた、また精神科に特化しているというところもありWarokuクリニックカルテを選びました。

電子カルテの入れ替えにあたって大変だったことは?

入れ替えは実際に思っていたよりも、かなり大変だったと思います。今までは電子カルテがなくてもなんとかなっていたスタッフも、今後は自分のアカウントを使い、各自で入力をしていかなければならないので、積極的に学んでマスターしなければという強い気持ちもあり、通常のクリニックではあまり見られない形でのチームワークも生まれていました。

準備に関しては、Warokuクリニックカルテの導入スタッフさんにも手伝っていただき、稼働し始めてからは比較的スムーズだったんじゃないかなと思います。

札幌こころの診療所の今後の展望・目標は?

精神科・児童精神科をやっているとどうしても発達障がいの患者や、生育環境・養育環境など生活のレベルでサポートが必要な患者など、診察室だけでは対応できず直接お宅に伺い具体的なサポートやアドバイスも必要にな場合があります。

当クリニックでも少しずつではあるが訪問看護を積極的に実施していく中で、PSWや看護師もアウトリーチに熱心なスタッフが多いのでそういったアウトリーチをこれからもどんどん実施していきたいと思っています。

医療社団法人 花水木 札幌こころの診療所

ご利用中ユーザー様の声を、もっと知りたい人はこちら

クラウド型電子カルテ
Warokuクリニックカルテ
見積依頼やデモのお申し込み等、
お気軽にお問い合わせください。