Warokuクリニックカルテ

精神科クリニック用クラウド型の電子カルテ

精神科クリニック向け クラウド型 電子カルテ Warokuクリニックカルテ

Warokuクリニックカルテ導入実績

医療法人悠志会
パークサイドこころの発達クリニック

原田 剛志 院長

専門
児童精神医学 精神保健指定医、精神科専門医
経歴
福岡大学病院精神神経科入局(1997年)12年所属
福岡県立太宰府病院、友隣会伊敷病院(鹿児島)、なかにわメンタルクリニック(福岡)、白翠園春日病院(福岡)勤務を経て、2011年(42歳)に現クリニックを開設。
勤務医時代に精神分析・発達障害・漢方を学ぶ。
著書
『現代児童青年精神医学』(分担執筆、永井書店、2003年)など

クリニックの専門について教えてください

原田 剛志 院長

発達障害専門クリニックを開設した経緯

私はもともと子どもの心の動きの精神分析的理解に強い関心を持ち、西園昌久と松木邦裕に師事し精神分析を学びました。

様々な患者さんとお会いする中で発達障害特性で困っている方がかなりの数存在すること、その治療に精神分析で学んだことが大いに役立つと感じ、発達障害治療に魅了され専門とするようになりました。

発達障害の治療で重要なことは何ですか?

クリニック院内

発達障害の治療に重要なのはまず、生物学的なコンディション、社会的なコンディション、心理的コンディションをそれぞれ把握することです。

その後の治療基盤は「患者の自己理解」「薬物療法」「環境調整」の3つと考えています。発達障害は見た目には気づかれにくい認知や行動の障害です。発達特性は生まれつきのもののため他の人とどう違ってどう困っているのかに気づきにくい人もいます。そのため、自分にはどのような特性があり、どんな時に困るのかという「自己理解」が非常に重要です。

「薬物療法」は本人の苦手さをカバーしてくれる助けになります。
「環境調整」とは、活躍の場や補助ツールに加え、周囲の人にどう理解してもらうか、どう協力してもらうかといったことです。

今後目指している事を教えてください

クリニック入口

「発達障害をきちんと治療できる医師を育てたい」

当クリニックでは、これらのことを「名人芸」ではなくシステマティックに行うこと、つまりどの先生でも一定のクオリティを発揮できることを目指しています。当院では医師、コメディカル、パラメディカルに対してカンファレンスや陪席など“治療のプロセスをリアルタイムに共有する”ことを行っています。“治療方針を決定し、山を越えたタイミングで後任の医師に引き継ぐ”というシステムから始め、今では初診から任せることができる医師も育ちつつあります。

「良くなったのは患者の努力、悪くなるのは主治医のせい」

精神科医は職人です。誰でもが務まるわけではない。しっかりとした技術を身に着けることが必要です。当クリニックを専門的なトレーニングをつめる施設にしようと思っています。

スタッフの内訳紹介(2018年10月現在)

クリニック院内

心理士・看護師・PSW・事務などのスタッフも10名以上在籍しています。
発達障害の治療には多職種によるチーム医療が必須と考える原田院長は、無床のクリニックであってもコメディカルスタッフとの連携に重点を置いており、コメディカルスタッフからの患者の情報を常に注意深く確認しています。

医療法人悠志会 パークサイドこころの発達クリニック

Warokuクリニックカルテの使用感はいかがですか?

Warokuクリニックカルテはひと目見て外来に必要な情報が得られるところが良いですね。その都度、患者個別の情報を開いて見る必要がないので、診察や記事の入力をスムーズに行えます。記事のテンプレート機能も活用しています。特に初診時のテンプレートはとても助かりますね。

また、クリニック経営者としては患者の保険情報は必須だと考えているので、そういった情報も見やすく表示されている点は経営者として助かっています。
当クリニックは発達障害の専門クリニックですので、患者がどこに住んでいるのか、どんな組織に所属しているのかなどの情報も得られる様になると良いですね。

コメディカルスタッフに聞きました!
Warokuクリニックカルテの使用に慣れるまでどれくらいの期間がかかりましたか?
  • 当クリニックのスタッフは、早ければ1週間、遅くとも1ヶ月以内には問題なく業務を行うことができる様になりました。電子カルテの使用経験が無いスタッフも問題なく使用しています。
  • 操作が簡単なので新しく勤務するドクターへの操作指導も問題なく行うことができます。
    クリニックの受付担当が一人しかいない場合は席を離れることが出来ないため、ドクター向けのマニュアルを作成して利用していますが、表示がシンプルなので教えやすいです。

Warokuクリニックカルテユーザーの皆さまにご活用頂けるマニュアルを作成しました!
電子カルテ同様、見やすさ、わかりやすさを意識して、ビジュアルでご理解頂けるように作成しております!

  • 以前勤めていた医療機関でも電子カルテは使用していましたが、Warokuクリニックカルテは操作がシンプル。とても使いやすいと感じています。
  • アイコンが少ないし、どんな操作ができるのかひと目見てわかりやすいので、説明書が無くても簡単に操作ができます。
  • Warokuクリニックカルテは動きが早いところが良いですね。ストレス無く使用できます。
  • 当クリニックは訪問看護も行っておりますが、現状記事の入力はクリニックに戻ってから行っております。訪問先で入力が可能になると助かります。

2018年7月にモバイル端末で入力できるようになりました!

今すぐ、Warokuクリニックカルテを利用する Waroku クリニックカルテ 体験する(無料)